戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

もうすぐコワーキングスペースオープンから1年が経ちます

開業から1年が経つ頃に

f:id:JAB1987:20180131224539j:plain

更新頻度が落ちてるのは、楽しく仕事ができているからです!って言ってみた私です。

 

コワーキングスペースをオープンしてもうすぐ1年になります。

 

開業当初から山あり谷ありの運営で、なんとか1年乗り切りました。

 

開業当初はフードを売ったり、祭りに出店したり・・・とにかくがむしゃらにやれることはやってきましたが、そんな1年を振り返ると・・・

 

 

結構無駄なことが多かった気がします。

 

要はもっとコワーキングスペースとしての営業に力を入れればよかったなと。

 

色んな所に手を出しては見たもののコワーキングスペースとしての運営にプラスになったことは数えるほどしか無いんです。

 

特に無駄にコストがかかることをしてしまったのは間違いだったんじゃないかと思っています。

フードの提供はまず失敗でした。リソースが足りない上に、私自身料理が得意なわけでも、好きなわけでもなかったので、フード目当てで来る人なんているわけもなく、コワーキングスペースメンバーも注文するわけではありません。

 

つまり、在庫コストと時間的コストだけかかって、全くメリットがなかったことの代表例となりました。

 

これは一番の反省点です。だって激甘な見通しでやったことなんてうまくいくわけがなかったんです。結果、運営前半の赤字の大部分はこのフードによって生まれましたから!

 

この1年でメリットになったなと言うこともあります。

 

それはイベントの開催と、人脈の広がりです。

 

毎月1回決まったイベントを開催し、なおかつ外に発信し続けたため様々な分野の人から認知してもらえるようになりました。

行政との繋がりができたのも大きな収穫で、その後は講演依頼などが来るようにもなってきました。

 

田舎町では「コワーキング文化、シェアリングエコノミー文化」は新しい文化として注目されるようです。

 

発信をうまくできれば、話題作りにはなるな、と。

 

話題になれば必然的に人脈が増え、チャンスが広がります。

 

そして私のコワーキングスペースでは少しずつですがドミナントスペースを利用する方が増えました。これは固定収入になるので、経営がとても楽になります。

 

ふと考えると、よくもまぁ補助金助成金無しでここまでやっているなと思います。

 

・・・それは置いといて、、、

 

人脈を増やし、沢山の人の意見を聞く機会を作る。

そしてある程度綺麗なWEBでキャンペーンをうち、SNS等で拡散する。

 

あとは1年位やっていれば、少しずつ人は増えるのかな?と思います。

 

 

もちろん今後どうしていくかも真剣に考えていかなければなりませんが、まずは続けられるだけの運営をすることが大事だと身をもって体験しました。

 

余談

f:id:JAB1987:20180131231416j:plain

コワーキングスペース運営とは別に、テンションの上がる事業を3つほど手がけています。この事業のうちの1つがとてもポテンシャルの高いもので、これに時間を費やしています。

コワーキングスペースで新しいビジネスが生まれるということはとても宣伝にもなると思っています。

 

誰もやらないのであれば自分でやるまで!

ってことで、所属メンバーと2人ではじめました。またしても海外メインの活動です。

 

これがうまく行けば、コワーキングスペースの運営に回すマネーが増えます。

そもそもこれがうまく行ったらコワーキングスペースを運営する理由が無くなりそうです笑

 

今はとにかく瞬発的なキャッシュを作ろうと頑張っています。

 

また近々更新したいと思います!!