戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

法人設立と事務手続き

f:id:JAB1987:20170906111117j:plain

法人設立って実はとても簡単

更新頻度が日に日に少なくなっている私です。

 

コワーキングスペースをオープンして10ヶ月になります。

片田舎でのコワーキングスペース運営がなかなか軌道に乗らない中、自らのコワーキングスペースをオフィスとして着々と準備を進めていた事業がイチ段階上がるのに伴い、法人化しました。

 

これは、パートナー企業に「本気」を見せること+今後も様々な事業を展開しようと思っているのでその基盤づくりのために。

 

株式会社にはしませんでした。合同会社(LLC)にしました。

 

理由はもちろんありますが、それはまたいつか。

 

 

さて、法人設立って「めんどくさいなー」というイメージがありませんか?

実はそんなことないんです。

 

私が法人設立のために法務局に持っていく書類を作るのに要した時間・・・

 

 

 

 

1日以内

 

 

 

です。

 

時間がかかる人は1週間とかかかるのかもしれませんが、それはなぜそれだけ時間がかかるかというと、

 

 

「何をすればいいのかわからない」

 

からです。

 

 

やること、決めること、作る書類etc...

 

これってすでに決まってるものです。

 

何をすべきか調べている時間が一番無駄なのです。

 

 

私はその迷いがないからこそ至短時間で設立までこぎつけました。

 

こんな事務作業に時間を費やしている暇はないはずです。

特にコワーキングスペースを利用ながら行うスタートアップについてはそんな暇はありません。

 

無駄な時間を極力省く。これビジネスの鉄則。

 

ということで、

実は合同会社の設立はとても簡単なんですよーってことです。

 

・登記申請書

・定款

・代表者印の印鑑証明書

・振込証明書

 

こんな感じです。

 

法人設立登記を行う場合、会社の代表印を予め作っておいたり、申請後に印鑑証明カードを受け取りに行くという手間もありますが、そのあたりはそんなに頭を使うことではありません。

 

忘れてはいけないのが、税務署、市町村、道税に対して設立から2ヶ月以内に行う届け出ですね!

わたしもこの届け出についてはこれからです。

 

しかしながら、これも特に大変なことではないです。

 

コワーキングスペースで書類を作って、返送用封筒と必要書類を入れた封筒を郵送するだけ。

 

1日で終わらせましょう!!w

 

 

とはいいつつ、現在抱えている案件がそこそこ多いのでちょっと尻込みしますねぇ。

 

さらに、とはいいつつ、、、

 

 

コワーキングスペースには専門家がいるので、この書類作りは全て外注です!そしてメンバーだからコスト0です。無料で支援してくれます!

 

これが他のコワーキングスペースとの差別化

法人設立費用(書類作成)については専門の行政書士がやってくれるというメリットがあるんです。

あまり前面には出していない(出せていない)んですが、こういうサービスってとても助かります。

 

少なくとも「やらなくていいことはやらない」、「自分じゃなきゃいけないことに集中する」これがとても大切なことなんじゃないかなと思います。

 

余談

週末は出張で東京です。久しぶりの東京はとても楽しみです!

でも今回のミーティングはおそらく全て英語!!!

さっ、今から英語の勉強でもするかなぁ。

 

いや、その前に資料作ろう・・・。