戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

コワーキングスペース活性化①~地方での顧客(会員)の獲得に関する考察~

f:id:JAB1987:20170603002644j:plain

地域活性化の前に、自分のビジネス(コワーキングスペース運営)活性化

こんにちは。前置きはなしにして真面目に書きます。私です。

 

地域活性化活動に関しては一定の波に乗ってきた感じがします。

行政との関係性構築が進んできて、コワーキングスペースとして地域で存在感を出すことに成功したのではないかと思っています。またさらに、北海道内の活性化活動をしている大きな団体との連携ができるようになってきましたので、こっち方面の運営は少しペースダウンしていきます。

 

 

そこで、やっとかねてからの問題である「コワーキングスペース活性化(収益化)」に本気で取り組み始めています。

 

とは言え、何をどうやったらいいのやら・・・。

 

という感じでした。それもそうです。

どんなに偉そうに「オーナー」を名乗っていても、数年前まではビジネスの「ビ」の字も知らないただの戦闘機パイロットだったんですから。

 

 

でもそんなときでも「コワーキングスペース運営者」です。

所属起業家や所属会員にいろいろとアドバイスや意見をもらいながら進めています。

 

f:id:JAB1987:20170809135746j:plain

まずは状況を整理分析

私のコワーキングスペースは地方にあります。

もちろん例外なく高齢化が進んでいる地域。(高齢化が進んでいない地方都市なんてないのでは・・・)

 

現在の所属起業家のような、又はデザイナーやエンジニアのような人種は少ない。

というより、ほぼいないのではないだろうか。

 

もし板としても個人でやっている人はそもそも自宅に仕事をする環境をもっているし、コワーキングスペースを利用する理由がなかなかない。

 

 

では・・・

 

 

「商売上がったりか!?」

 

 

そんなことはありません。

 

 

まだまだ挑戦していないことはあるんです。

 

ある起業家に言われました。

 

「本気で営業してないからまだわかんないよ。」

 

さらっと言われました。w

 

 

「本気の営業?」

 

 

「500件テレアポや営業メール送れば必ず1件は興味持ってくれるよ。経験上ね。」

 

 

ということで現在営業に力を入れています。

 

先にも言ったように、地域の中では需要がなさすぎる。(仮)

 

ってことは、道外や海外に対して営業してみようと思いました。

 

3日間くらいでキャンペーンを企画し、特設ホームページ(とても簡単なもの)を用意しました。

 

現状はここまで。

 

 

さて、今後はこのキャンペーンをメールや企業のホームページからのお問合せフォームに貼り付けて、営業していきます。

 

f:id:JAB1987:20170810153239j:plain

施策を打つにも目的は段階的に

これも言われた話。

営業活動するのはいいけど、「目標」や「目的」は明確にしておいて、それを基準に自分の行動や施策の評価をする必要がある。

 

 

たとへば、、、、

 

「営業の目標は?」

 

顧客獲得!!!

 

もちろんそうですがこれだけのはずがないでしょう?

そもそもこれだけなら、もしいま500件の営業をしたとしても、今月、までに1件も会員が増えなければそれは大失敗になります。

 

でもそれではもったいない。

 

  1. 会員申込
  2. 資料請求
  3. メールリスト
  4. 問い合わせ

少なくとも上記4つくらいには分けられるでしょう。

 

 

だから、これに関しても幾つかのA,Bテストを含めている。

 

キャンペーンページのゴールに「資料請求」、というボタンを付けたサイトを2週間運営してみて、その後はそのボタンを「申込み」に変えてみる。

 

このようなテストをして、効率がいい法をどんどん残していく。

 

 

1ヶ月間の会員申込数が0でも、もしかしたら資料請求は3件来るかもしれない。走行しているうちに、メールリストが20件得られるかもしれない。

 

こうなれば、サイトを見て興味を持った人に再度営業をかけることができる。

要は顧客になる可能性が高い人には追いプッシュするということ。

 

 

こんなの、業界にいる人に言わせたら「営業の基本中の基本」かもしれませんが、私には初めての体験です。

 

この営業に効果が出るのかどうかはわかりませんが、年内は本気を出して営業していきたいと思います。

 

余談

働き方改革が世間で話題になっていますが、企業の中間管理職は結構困っているようですね。

news.mynavi.jp