戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

今このタイミングでパスポートをとった理由

f:id:JAB1987:20170810153138j:plain

海外に行くためのパスポート

昨日も書きましたが、生まれて初めてパスポートをとった私です。

 

人がパスポートをとるときの理由はただ一つ

 

「海外に行きたい(行く必要がある)から」

 

これに尽きると思います。

 

私の場合、もちろん

 

「海外のコワーキングスペースを見てみたい。」

 

ということも目的の一つです。

 

日本はまだまだコワーキングスペースの認知度が低い。

というよりも、文化そのものを正しく理解していないという感覚があります。

 

もちろん私も正しく理解していないと思います。

 

 

そういうことであれば実際に盛り上がっているコワーキングスペース(海外の)を見に行くのがいいかなと。

 

 

それも私がパスポートをとった理由の一つ。

 

 

しかし、一番の目的は私自身のビジネスのためです。

 

「日本で初めて」

 

ということに取り組もうと思ったら、日本にいては効率が悪いことがあるんです。

それは特に「情報」です。

 

もちろんインターネットの発展で大抵の情報を得ることができます。

 

しかし、ネットの情報もある程度の「嘘」が含まれていることも確かです。

 

「嘘」というか「隠ぺい」ですかね。

 

もちろん情報を能動的に発信する場合、自分にとって不利益となる情報をわざわざ載せないので。。。

 

 

という点で、今進めている事業の詳細な情報をとってくるために、海外に行く必要が出てきたのです。

 

さらには、今話をしている会社のCEOや重鎮たちとは実際にあったことがなく、ネット上のやり取りのみなので、ビジネスに必要な「信用」がお互いに得られていないので、これを解消するために会いに行くという手段をとります。

 

このビジネストリップは年末年始、もしくは5月に実行する必要が出てきたので、このタイミングでパスポートをとったんです。

 

 

 

自分の生きている世界や、目を向けている世界が狭いと前々から思っていたので、この機会に一度広い視野を持とうと思います!