戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

地域活性化活動のひとつとして・・・

f:id:JAB1987:20170928110156j:plain

地域の事業者を集めて会議を立ち上げた

こんにちは。最近実親とうまく行っていなく、面倒な感じになっている私です。

 

コワーキングスペースでの事業開発とは別に、「地域活性化」という目標で〇〇会議と言うものを開いてきました。

 

その活動のなかで、「市民政策提案」というものを使って行政に働きかけようという企画を立ち上げていました。

 

 

その第1クールが終了し、実際に議論した内容をそのまま行政に提案します。

 

驚くことにこの政策提案はこの条例が施行された以降、一度も利用されたことがないようです。

 

文句ばっかり言っている市民が興味を持たないのがわるいのか・・・

 

提案書が来たら面倒だから、出来る限り周知しないでやり過ごそうとしている行政が悪いのか・・・

 

 

それは置いておいて、私のコワーキングスペースではその第1号を提出します。

 

 

その話を聞きつけた新聞記者がその会議のことを取材して、記事にしてくれました。

 

お陰で少しだけ有名人になった気がします。(地元版の記事ですが)

 

そんなわけで、「スタートアップや起業」と言うメイン事業ではありませんが、サブの活動で地域の注目をあつめることになり、認知度は格段に上がったと思います。

 

 

この注目度が保たれているうちに、公共的な(公共性の高い)活動を全面的に押し出して、当コワーキングスペースが活動する際に行政ともやりやすい立場になれるように、下地を作っていきたいと思っています。

 

 

とは言え、地方でもコワーキングスペースの存在をアピールできるチャンスなので、頑張っていきます!