戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

企画書を作ることの重要性

f:id:JAB1987:20170906111117j:plain

企画書を作ること

昨日から新規事業開発に向けた企画作りと、人脈作りに勤しんでいる私です。

 

今日は「企画書」や「計画書」についてです。

 

コワーキングスペースとしてもいろんなイベントで企画を立てることがあるんですが、これを企画書にまとめることってあまりないんです。

 

なぜなら・・・

 

自分の空間を使って自分で集客して企画を成立させる。

 

 

それが自主開催イベントの基本なので。

 

 

でも、

 

 

コワーキングスペースってもっと大きなことをやりたくなるときが来ると思うんですが、そのときに重要になってくるのがこの企画書。

 

 

行政や関係自治体、関係企業や関係メディアに説明していく必要が出てきます。

 

とくに行政はそうなんですが、最初に取り合ってくれるのはいわば末端。

 

 

末端では何の決定権もありません。ということは・・・

 

 

窓口で聞いた話をその人が上司に伝える。それが決定権を持っている人のところまで繰り返されるんです。

 

いや、、、

 

 

繰り返されて上まで話が届けばいいけど、末端や中間層でこの話がなかったことにされる可能性があります。

 

なぜなら、説明資料をまとめて上にはなしを持っていくのが面倒だからです。

 

もし順調に話が上に持っていかれても、途中で話が少しずつずれていく危険性もあります。

 

 

これを回避できるのが「企画書」や「計画書」です。

 

 

これを出された末端は、それをそのまま上司に報告すればいいだけ。

 

 

これだけで話が通る可能性は格段に上がります。

 

 

企画を実行に移すためには、時間はかかりますが、この企画書を確実に丁寧に作っていくことで結果的には実行までの時間が短縮される場合があります。

 

 

殆どがこのパターンに当てはまると思います。

 

 

企画書を作ることで、相手の信用も高まるので、話を通しやすくなります。

 

 

これが最大の企画書のメリットでしょう!

 

 

あとは、企画書を作っている段階で自分の頭の中も整理出来るので、企画内容がより一層クリアになります!

 

何かを始めようと思ったら、企画書を作ってみましょう!

 

 

f:id:JAB1987:20170906111203j:plain

余談

ここ最近イベント出店で時間を取られていましたが、これからはガッツリ自分の事業に集中したいと思います。

 

さて、今日は取材が入っているので、準備しますね!