戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

戦闘機パイロットまでの人生②

f:id:JAB1987:20170829114916j:plain

私の「中学~高校生」

昨日はちょっとした出張でいい出会いをゲットしてきた私です。こんにちは!

 

 

「戦闘機パイロットまでの人生」の続きをちょっとだけ書きます。

 

小学校を卒業してから、中学に上がった後もバスケ部に入部し、またしてもバスケに没頭する日々を送っていました。

 

パイロットになる人だからって爽やかな部活少年だったわけではありません。w

 

私も少しヤンチャになった時期がありました。当時はダボダボのジーパンに、XLのTシャツ。いかついサングラスにネックレス・・・。

 

今考えたら笑っちゃいますが、そんな格好で喧嘩したり、、、。もちろん「犯罪」になるようなことはやってませんが。w

 

どれだけツッパっていても、おそらく性根はいい子だったんでしょう。

そんな私生活を送っていても、勉強に関しては特に困ることはありませんでした。授業さえきっちり聞いていれば、大抵の問題は回答できるので。

 

中学時代に目指していた高校は地元の高校でした。

一応当時から進学校とは言われていましたが、倍率を見たって大したハードルの高さではありませんでした。何より近い学校に通いたかったので、選択肢はその高校1つ。

 

その高校を目指す同級生は、塾に通ったりしていたので、私も一応夏期講習を受けてみました。

 

しかし、、、

 

塾で学ぶのは自分の理解が足りていないというところだと思っていたんですが、結局学校の授業と大した違いはありませんでした。

 

「わからないところだけ、効率的に教えてよ!」

 

私はずっとそう思っていました。

 

要は

 

「高いお金をかけているにもかかわらず、全くの非効率的」

 

これなら自分でわからないことだけを参考書を読んで勉強したほうがよっぽど効率的!

自分で出来るなら、人に教わる必要がないとホンキで思っていました。

 

ということで、そうそうに夏期講習を辞めました。

 

 

案の定、私の場合自分で勉強したほうが効率も上がり、結果的に特段の努力なく(もちろん受験勉強はある程度やってました)志望校合格。

 

 

実は同じ高校を目指していた同級生が数名いました。

その子達は毎日のように塾に通い、「僕は頑張っています!」的なオーラで勉強に励んでいました。

そして、その子達もその親達も、私のような「不良」が進学校に行けるわけがないと、思っていたようです。

私はそんなにガラが悪かったのか?w

 

とはいえ、実際に合格したのは私の方で、彼らは不合格。

 

「なんで〇〇さんの子が合格できて、うちの子が合格できないの!?」

 

って感じのことを私の親は言われたようですが・・・。

 

 

とはいえ、

 

「自ら学ぶことが出来る能力」

 

が必要なのかもしれないですね!

 

 

 

このように、見た目「不良」でも「いい子ちゃん」でも、パイロットになるには関係ないんですねぇ。

 

中学時代の業務主事のおじさん(蛍光灯を交換したり、草刈りをしてくれるおじさん)との奇跡的な出会いがありました。

 

私はF86Fの絵を書いていったことがあったんですが、何故かそのおじさんが「この絵が欲しい」と言ってきました。

f:id:JAB1987:20170829114802j:plain

そして、その理由が

 

「私は、以前この戦闘機に乗っていたんだよ。」

 

と。

 

 

!!!!!

 

 

まさか、戦闘機乗りが自分の学校にいるなんて!!!!

 

 

そこから、そのおじさんと仲良くなり、色々と戦闘機乗りの話が聞くことができました。

これはとてもレアな体験ですが、私の人生を変えた瞬間だったかもしれません。

 

 

そんな感じで中学卒業。

地元の高校へ進学!

 

余談

小学生のころから実はギターを引いてました。もちろん中学でも継続してやってました。

だから「不良」のイメージがあったのかも・・・。