戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

学生と地域を繋げるコミュニティーとの協業

f:id:JAB1987:20170825153955j:plain

若者に伝えたいコワーキングスペースという存在

今日は久しぶりに太陽が顔を覗かせていることに少しテンションが上っている私です。

 

つい先程、隣町で「若者のたまり場」をつくる活動をしている団体を見つけました。

ちなみにその団体は現在改装中で、クラウドファンディングを利用して資金調達をしていました。

 

その団体を見つけたとき、

 

「この団体と一緒に何かできたらな・・・」

 

と思いました!

 

団体の規模はどうであれ(私のコワーキングスペースのほうが絶対的に小規模)、同じようなマインドを持っている人とのコラボは面白いですよね!

 

 

私はすかさず代表に連絡を取りました。

 

 

「改装中でお忙しい時期かと思いますが、お話きかせて下さい!」

 

 

と。

 

 

すると、すぐに連絡が返ってきて、快く承諾。すぐに日程の調整をして、来週月曜日にその施設を訪れることになりました。

 

 

行動の速さはとても大事ですね!!!w

 

 

 

そこは大学生が多い街で、彼らを地域と繋げるような活動をしているようです。

ということは、私が関わりたい「大学生」と関わることが出来るチャンス!!!

 

もちろん客を奪いたいとかじゃないですよ!w

 

共に何かクリエイティブなことができたらなと思っています。

そして、そこにくる学生たちにもコワーキングスペースという存在をしってもらいたいと思っています。

 

私のコワーキングスペースにはビジネスオーナーが複数います。

 

そして、デザイナーやクリエイターも利用してくれています。

 

メンバーは色んな形で好きなことを仕事にしているんです。

 

 

「そんな生き方もあるんだよ!」

 

 

っていう一つの選択肢を学生に与えられることができれば、もっと楽しくなると思うんです。

 

学生も私自身も。

 

 

そのためにはまず、その団体とのお話が必須!

 

 

来週いってきます!!

 

コワーキングを広めたい

f:id:JAB1987:20170825153824j:plain

田舎特有の空気があります。

 

都会で行われているようなクリエイティブな活動は夢物語、、、。

 

そんな空気。

 

 

でも今の時代、「場所の制限」は限りなく少なくなっているんです。

 

どこにいても、どこの人とでも仕事ができる。

 

 

そんな働き方を提示したいし広めたいと思っています。

 

コワーキングスペースって人が集まれば集まるほど面白いコラボが生まれるし、アイディアも生まれるし、仕事が生まれるんです!

 

 

コミュニティーを大切にしつつ、コワーキングを認知してもらえたら嬉しいなと思いつつ、今回の対談に挑みます!!