戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

戦闘機パイロットまでの人生①

f:id:JAB1987:20170824171420j:plain

田舎生まれの田舎育ち

このカテゴリーでは、

 

「どんな人が戦闘機パイロットになったのか?」

 

っていうマニアックな話題について気楽に書いていきます!

 

 

 

私は北海道のとある田舎で生まれ、そこで育ちました。

まぁ、どこで生まれたかはあんまり関係ないですね。

私の同期も日本全国から集まっているので・・・。

 

幼少期

f:id:JAB1987:20170824171508j:plain

私自身、どんな子供だったのかなと思い返しています。

一つの例として、私のコトを話しますね。

 

私は2人兄弟の末っ子です。

兄が1人、父、母が1人ずつのごく普通の家庭に生まれました。

 

ちなみに私が小さいときには感じていませんでしたが、今考えると結構貧乏だったんじゃないかな・・・と思います。

 

親から話を聞くと、私は自己中心的な自信家で小さいときは兄よりも強かったそうです。

 

兄におもちゃを投げつけて泣かしたりしていたそうな・・・w

 

 

そして、小さいときから運動神経はそこそこ良かったようです。

 

そのため、幼稚園に上がってからも運動が大好き。

遊ぶときは大体外で遊んでいました。当時は近所に沢山同年代の子供がいたので、鬼ごっこをしたり、草野球をしたり、バスケをしたり。

 

とにかく、体を動かすのが好きな子供でした。

 

 

流石に幼稚園の頃は、まだ

 

パイロットになりたい」

 

ということは考えていませんでした。

 

3歳の頃から水泳を習っていました。

ある程度の泳法が出来るようになったくらいで(小学3年生くらい)辞めましたが。w

 

実はこの「水泳」は自衛隊に入ってからもかなり役に立ちました!

 

小学生

小学校時代はクラスの中でもリーダー的存在だったと思います。

小学生って運動ができればクラスでいいポジションにいられますからね!w

 

3年生になったらすぐにバスケットボール少年団に入団しました。

 

なぜバスケだったかというと、、、

 

 

はじめは兄がやっていた野球少年団を見学しました。

その次にバスケットボール少年団を見学しました。

 

決めては・・・

 

「バスケには女子がいる!!!」

 

ってとこでしたw。

 

 

身長が低くすばしっこかった私はもちろんポイントガードでした。

そして6年生の頃にはキャプテンをやらせてもらいました。

 

人数の少ない地域だったので複数の学校が集まってできた少年団だったので、いろんな学校に友達ができて、人間関係を学ぶにはいい環境だったんだなぁと思います。

 

地区選抜の候補に選ばれましたが、最終選考で落選してしまいましたが・・・。

 

 

 

とまぁ、こんな感じでバスケに明け暮れた小学生時代でした。

 

 

f:id:JAB1987:20170824171546j:plain

 

私生活に関しては、勉強する癖を付けさせられたので(今では親に感謝してます)適度に勉強もできたと思います。

ただ、勉強ばかりするような子ではありませんでした。

勉強よりも「遊ぶ」ことのほうが一生懸命でした。

 

しかし、小学生の頃はそれでいいんです。

そんなころから勉強で縛り付けられていたら、おそらく私は自分の可能性に蓋をされていたと思います。

 

 

「子供をパイロットにしたいから勉強させる」

 

と言うのは私が思うに間違いだと思っています。

 

「何かやりたいことに、本気になる姿勢」を身につけさせてあげることのほうが、後々役に立ちます。これって何をやるんでも同じですね!

 

 

 

そんなかんじで・・・

小学生まではどちらかと言うと運動少年でした!

あっ、6年生の頃は生徒会長もやりましたが、ほとんど記憶がありませんw。

 

 

今日はこのへんで・・・。