戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

【働き方改革】今後何が起こるのか?ホントに働き方を変えることができるのか?

f:id:JAB1987:20170810105142j:plain

働き方はどう変わる?社会の風潮は?

今日は出勤前にこれを書いている私です。

 

「働き方改革」

 

「複業」

 

「労働時間の短縮」

 

そんな言葉が最近巷に溢れていますね。

 

 

実際に「働き方改革」に取り組んでいる企業もたくさんあると思います。

 

 

今後、日本の働き方がどう変わっていくのかとても興味があります。

 

 

最近、私がよく話題にする「WeWork」。

 

この存在も働き方改革の流れの一部をになうようになるんでしょうね。

 

「Do what you love」

 

好きなことをやれ

 

この言葉って今の時代にすごく合っているような気がします。

 

 

おそらくこの言葉に吸引される人がたくさんいると思います。

 

 

好きなことを仕事にできたら、こんなにいいことはないですよね!

 

 

そんな感じで、働き方もどんどん変化していくと思います。

 

働く場所

働く時間

働く方法

働く理由

 

いろいろと「近代的」になっていくんでしょう。

 

ただし、これって実際に変えられるかどうかは、「働いている人次第」だと思うんです。

 

世の中には色んな人がいます。

 

 

できるだけ自分の時間を拘束されずに働きたいという人間

家に帰ると面倒だから、出来る限り会社にいたいという人間。

 

 

私は前者なので、出来る限り自由に働きたいし、家庭のこともしっかりやりたいと思っているので、働き方をかえることに関しては賛成ですし、自分にとって理想的なライフワークバランスを目指しています。

 

しかし、後者の考え方があるのも事実です。

 

しっかり家庭のコトをやっている人ならわかると思いますが、

 

家事や育児ってすっごく大変

 

それを知っている人なら、「会社のほうが楽。」って思う人はたくさんいるんですよね。

 

 

まぁ、これは完全に個人的な意見ですが、

ネット上でも働き方を変えるなんて無理と言っている人もいます。

 

働き方を変えるには様々な障壁があり、それらをクリアするための労力がかかります。

 

例えば、社内の「ルール」

 

理由は不明、でも存在しているルール。

 

これは職場の風習や雰囲気、伝統なのかもしれませんが、確かに社員は守っている。

 

そんなものがたくさんあると思います。

 

服装指定

スマホ禁止

出勤時間の強制

etc...

 

他にも、

 

いつもダラダラして、仕事をしているんだかしていないんだかわからない人

 

こんな人がいたら、早く終る仕事も終わらない。

 

帰れるはずの時間に帰れない。

 

そんなことが生じます。

 

 

日本に多いのが、

 

年功序列

 

とにかく、これらの考え方を変える必要があるし、ルールを撤廃する必要があります。

 

そしてそれには多大な労力がかかる。

 

 

こんな状況で働き方改革は進まないですよね。

 

 

一番大きいのは経営陣の行動力だと思いますが、経営陣の年齢が高いと働き方改革の動きは鈍ると思います。

 

だから・・・

f:id:JAB1987:20170810105054j:plain

私はそんなことにとらわれなくていい働き方を選択しています。

 

組織から抜け、自分の会社を作る

 

少なくとも古い頭の人と、古いしきたりの中で働かなくて済みます。

 

もちろん、簡単なことではないし、今後どうなっていくかはわからないけど、

 

「起業」も一つの働き方の選択肢だと思います。

 

いやいや、上司に従って、好きでもない仕事をすること自体がもったいない。

 

もちろん、お金のためにやらなければならないときはあると思いますが、Mustでなければ無理してやらなくてもいいと思っています。

 

 

もう一つの選択肢は、そもそも働き方がしっかりしている(自分にあっている)会社に就職することですね。

 

「働き方改革は難しい」とはいうものの、実際に実践している会社だってたくさんあるんです。

 

 

もし、自由なときに、自由な場所で働ける環境を手に入れたのであれば、是非コワーキングスペースをご利用下さい!w