戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

ニューヨーク発のコワーキングスペース「Wework」が日本上陸?

f:id:JAB1987:20170713184642j:plain

Weworkが日本進出!?

コワーキングスペースのオーナーをやってます、私です。

最近の暑さには参ります。

 

そんな中さらにホットな話題が出ています。

 

あの大手コワーキングスペース「Wework」が日本に上陸するようです。

 

私がコワーキングスペースのオーナーになったとき、このWeworkの存在は私のマインドを大きく形成しました。

 

 

「こんなコワーキングスペースを運営したい」

 

 

コワーキングスペースを運営している方や、その界隈の方にバカにされますね・・・。

 

 

「1個人が真似できるスケールじゃない」

 

 

その通りですが、、、。

 

 

とまぁ、Weworkはそれほど大きな企業にまで成長したコワーキングスペースです。

 

 

これが日本に来るんですから、私としても注目しないわけには行きません。

 

 

Bloombergに依ると、Weworkは複数の不動産会社と話をして、2018年末までに10~20箇所のコワーキングスペースを開設するらしいです。

場所は東京都内、六本木や丸の内、渋谷などが候補になっているそうです。

www.wework.com

 

Weworkとは

Weworkはアメリカ発のコワーキングスペースで、現在では中国や韓国、フランスやドイツなど36都市に150箇所を超えるコワーキングスペースを提供している。

創業は2010年と比較的新しいといえるでしょう。

しかし、なぜこんなに企業価値が高いのでしょう。

 

Weworkは当初は少人数のスタートアップやフリーランスの個人に向けたサービスを提供していました。しかし、現在は大企業向けのサービスも充実させています。数100人規模で入居する企業があるほどでえす。

Weworkの利用メンバーは約80000人。DELLマッキンゼー、セールスフォースなどの大企業も利用しています。

 

なんといってもWeworkのオフィスはおしゃれ。そして様々な特徴があります。

 

  1. ソフトウェア会社並のオフィス開発
  2. ネットワーク効果が期待できる
  3. スタートアップのインキュベーションや投資に活用できる
  4. 新たなサービス追加・新しいライフスタイルの提案

 

その他沢山の魅力があります。

 

もし、日本にWeworkがオープンしたら、必ず利用してみたいと思っています!!

 

courrier.jp