戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

スタートアップ

f:id:JAB1987:20170610001849j:plain

起業のイメージ

はーい、私です。

 

突然ですが、「起業」ってどんなイメージでしょう?

 

 

「日本人の7割が『起業したくない』と思っている」

 

 

そんな記事をついこの間見ました。

 

 

コワーキングスペースを運営する私にとってはとても厳しい現実です。

 

 

なぜ、このような結果になるんだろう。。。

 

 

そもそも、「起業」=「超Highリスク」というイメージが強すぎるんですわ!

 

 

一時期に比べたら、

 

「女性の起業」

 

 

「プチ起業」

 

とかいうワードが出てくるくらいハードルは下がったんですが、

 

それでも、7割の人が「起業したくない」んですね。

 

 

「リスク」って何に対するリスクなんでしょう?

 

 

一番は「資金」でしょうね...

 

会社を起こすには「金」がいる

確かに、法人登記するためには20万円程度かかります。

 

 

おそらく問題はこの20万ではなく、

 

 

「設備や商品、サービスを整える資金」

 

 

「人を雇ったり、当面のランニングコストにあてる資金」

 

 

を、

 

金融機関から「借金」する必要がある

 

から。

 

 

なぜかこの考えがとても強く日本人の頭の中にあるんですよね。

 

 

ホントに「借金」しなきゃならない?

そうじゃないですよね!

 

実際、今話題になっている「クラウドファンディング」があるじゃないですか!

 

これは使い方によっては非常に有効な資金源ですよね。

 

 

また、直接「エンジェル」といわれる投資家から資金調達する方法だってあるんです。

 

これって借金じゃないんです。

 

「会社の株式を〇%渡す」

 

ことが必要になることが多いですが、融資を受けるのと違い「利子をつけて返す」必要がないんです。

 

ただ、その「エンジェル」に、

 

「この事業はうまくいくだろう!」

 

という印象を与えるくらいの計画やビジョンを説明しなければいけませんので、

「アイディア勝負」ってイメージはありますが、私は融資ありきよりはこちらを進めていきたいと思っています。

 

現に私のコワーキングスペースでは

f:id:JAB1987:20170604160846p:plain

いわゆる「スタートアップ」的な起業をしている起業家がいます。

 

 

ある事業を始めたくて、私のコワーキングスペースに所属しました。

 

所属当初から資金調達のため忙しく走り回っていた印象です。

 

その所属メンバーはさまざまなエンジェルにピッチし、投資を受け目標金額までこぎつけています。

 

もちろんエンジェルのみではなく、VC(ベンチャーキャピタル)等にも話をしたりしています。

 

こうして事業を始めるための資金を調達し、ここ最近になって

 

「事業が回り始めた」

 

と言っています。

 

とてもうれしいことですね!!

 

もう少ししたら、「法人化」する予定です。

 

本当にうれしいことですね!

 

 

このスタートアップのいいところは、

 

「事業開始当初から大きな資本を集中的に投入して、事業のスケールを急速に行える」

 

というところです。

 

 

やはり、事業の拡大に勢いがあります。

 

事業開始当初からこじんまりすると、スケールしずらいイメージがあります。

 

 

ですからこの「スタートアップ」はとても有効な起業方法だと思います。