戦闘機パイロットがコワーキングスペースを運営してみた件

元戦闘機パイロットがコワーキングスペースをオープン・運営することになりました。運営状況や日々の出来事を気ままにゆるーく書いていきます。

コワーキングスペースを運用しつつ、自分がコワーキングスペース所属の起業家になる

f:id:JAB1987:20170920100223j:plain

自分が出来なきゃ教えられない・・・

多忙な日々を送りつつも、休日はしっかりキャンプに行っちゃって十分な英気を養ってきた私です。こんにちは!

 

常々思ってきたこと。

 

 

「自分でやってもいないのに、その人の言うことを信じられないでしょ!?」

 

コンサルをしている人に何の実績も無ければ全く心に響かないし、信用すら出来ない。

※私がコンサルを目指しているわけじゃないですよ!w

 

 

でもコワーキングスペースってそういう一面も期待されているような気がするんです。

 

 

ということで、私も現在ちょっとした事業を始めています。

 

 

この事業を成功させることが出来たら、その時のノウハウを今度はこのコワーキングスペースを利用する人と共有する。そんな流れを作れたらいいなと思っているところです。

 

 

そして、その事業の事務所をこのコワーキングスペースで借りようと思います。

 

 

自分のコワーキングスペースに自分の別事業の事業所として登録する。

 

 

そんなことをやろうとしています。

 

事業自体はまだ駆け出しなので、今は机上で全てこなせている状態ですが、今後は外に出たり、打ち合わせをしたりして走り回ることになるかと思います。

 

それでも私のコワーキングスペースは通常営業を続ける事ができるので、別事業にも集中できるってもんです。

 

 

「空間を持っているってことは、その空間に仕事をさせること」

 

 

と考えるべきだと思っていて、私自身がこの空間を運用する(時間と手間をかけて)のではなく、私がやることは空間を作り上げるところまでで、それ以降には手をかけなくてもいい状態にするということが空間を持っていることのメリットだと思っています。

 

 

ここまでできれば、後は自分が起業家になればいい。

 

そして拠点はもちろん自分のコワーキングスペース

 

 

これで、無駄をなくした運用が出来ますね!!!

 

 

これがうまくいくかどうかは、来年の夏くらいにわかるでしょう!!!

ブログ更新が久しぶりになった理由

f:id:JAB1987:20170918225150j:plain

こんばんは!連休は家族とたくさん過ごすことができて満足している私です!

 

しかしながら、少しずつ仕事が溜まってきて、精神的に焦り始めてます笑

それでも、やっぱり家族との時間は貴重で大切だと実感したこの3連休でした!

 

さて、ここ最近全然ブログを更新していませんでしたが、仕事が立て込んでたんです。

それは、普段のコワーキングスペースとしてのイベントの調整や計画、運営方法の検討やホームページの改善など。

 

これに加えて

 

新規事業の立ち上げで急速な動きがあったので、ほぼほぼ毎日その仕事でした。

 

新規事業って動きや変化がとても早いので、それにタイムリーにリアクションしたり、自らアクションを起こしたりしなければなりません。

 

ここ最近は、まさにそれでした!

 

機を失すると、取り返しがつかなくなる。

 

これは今の私にとってはとても重要なことです。

 

 

今回は外国の会社とのやり取りがメインで進んでいる事業なので、特に神経質になりますね。

 

 

時差もあるから、やり取りは常にメールですが、近々直接ロンドンまで話をしに行こうと計画中です。

 

f:id:JAB1987:20170918225229j:plain

 

 

と、まぁこんな感じで仕事に忙殺されていたので、ブログ更新がなかなかで着なかったんです。

 

いいわけですが・・・w

 

 

さて、今週はまた別件の仕事が入りましたので、またまた忙しさ増大!!!

 

その案件はHP作成の依頼なので、ちょっと時間がかかりそうですが、

なんとか時間を作ってススメていきたいと思います。

 

 

時は金なり

企画書を作ることの重要性

f:id:JAB1987:20170906111117j:plain

企画書を作ること

昨日から新規事業開発に向けた企画作りと、人脈作りに勤しんでいる私です。

 

今日は「企画書」や「計画書」についてです。

 

コワーキングスペースとしてもいろんなイベントで企画を立てることがあるんですが、これを企画書にまとめることってあまりないんです。

 

なぜなら・・・

 

自分の空間を使って自分で集客して企画を成立させる。

 

 

それが自主開催イベントの基本なので。

 

 

でも、

 

 

コワーキングスペースってもっと大きなことをやりたくなるときが来ると思うんですが、そのときに重要になってくるのがこの企画書。

 

 

行政や関係自治体、関係企業や関係メディアに説明していく必要が出てきます。

 

とくに行政はそうなんですが、最初に取り合ってくれるのはいわば末端。

 

 

末端では何の決定権もありません。ということは・・・

 

 

窓口で聞いた話をその人が上司に伝える。それが決定権を持っている人のところまで繰り返されるんです。

 

いや、、、

 

 

繰り返されて上まで話が届けばいいけど、末端や中間層でこの話がなかったことにされる可能性があります。

 

なぜなら、説明資料をまとめて上にはなしを持っていくのが面倒だからです。

 

もし順調に話が上に持っていかれても、途中で話が少しずつずれていく危険性もあります。

 

 

これを回避できるのが「企画書」や「計画書」です。

 

 

これを出された末端は、それをそのまま上司に報告すればいいだけ。

 

 

これだけで話が通る可能性は格段に上がります。

 

 

企画を実行に移すためには、時間はかかりますが、この企画書を確実に丁寧に作っていくことで結果的には実行までの時間が短縮される場合があります。

 

 

殆どがこのパターンに当てはまると思います。

 

 

企画書を作ることで、相手の信用も高まるので、話を通しやすくなります。

 

 

これが最大の企画書のメリットでしょう!

 

 

あとは、企画書を作っている段階で自分の頭の中も整理出来るので、企画内容がより一層クリアになります!

 

何かを始めようと思ったら、企画書を作ってみましょう!

 

 

f:id:JAB1987:20170906111203j:plain

余談

ここ最近イベント出店で時間を取られていましたが、これからはガッツリ自分の事業に集中したいと思います。

 

さて、今日は取材が入っているので、準備しますね!

イベント出店終了

f:id:JAB1987:20170904145611p:plain

地域のお祭に出店

イベント出店の片付けのため疲労困憊&筋肉痛の私です。

 

ここ最近色々と業務が立て込んで(イベント出店が一番たいへんだった)なかなかブログ更新できていませんでした・・・。

このブログを読んでくれている方はかなり少ないんですが、少しでも私のリアルな体験や声を届けることができたらと思って、一生懸命更新します!

 

昨日のイベントはただの「お祭り」ではありませんでした。

有名アーティストをゲストとして招き、豪華なステージを準備して、パフォーマンスををしてもらいつつ、その周りに多くの出店があるようなイベントでした。

 

 

なぜコワーキングスペースが出店?

そうなんです。コワーキングスペースとして祭りに出店するなんて、何をするんだ!?って感じですが、結局普通にお酒とかき氷の出店でした。

 

そうそう、何故出店したかというと、

 

「商工会に加入しているから」

 

です。

 

 

今回のイベントは商工会の青年部主催の「初」のイベントだったため、企画者的には少しでも多くの出店を集め、出店料を回収することが必要という状況だったので、

 

「とりあえず出店します」

 

といって、本当に出店することになったんです。

 

そもそも、私は元戦闘機パイロットで今はコワーキングスペースのオーナーです。

お祭り出店なんてノウハウは全くありません。

 

何を準備して、何を買って、どう売るのか

 

 

全くの0から1です。w

 

 

ちなみに今回のイベントの出店料は4万円

 

めちゃくちゃ高いです。

 

大都市のイベントであれば、それだけの収益が上がる可能性があるのでいいんですが、

 

私の街のような小さな町ではそんなに売上が見込めないので、ほぼほぼ赤字になることが確定しているような状態になります。

 

結果的に私も大赤字ですよ。

勘弁してほしいです。

 

さて、今日からは本業の方に力を注ぎます!

 

イベント出店を経験して学んだこと

①商品は調理や準備に手間のかかるものはNG

②地域イベントはほぼほぼボランティアと考えるべき

③時給換算すると完全にマイナス

④普段の事業の合間でやるには負担が多きい

⑤新しい人脈もそれほどできない

⑥当日~終了日翌日まではほぼ拘束される

⑦協力者は3~4人は確保しなければならない

 

 

などなど、沢山です。

 

ちなみに今回の赤字金額は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

6万円程度

f:id:JAB1987:20170904145748j:plain

 

でした。

 

 

これらすべてを考慮すると・・・

 

 

 

 

 

 

よほどノウハウを知っているか、お金と時間に余裕がない限りは個人でやっているコワーキングスペースがイベント出店すべきではない!!!

 

 

ということでした。

 

さて、やっと片付けも終わったので、ガッツリ事業準備します!

もちろんコワーキングスペースのイベント計画もします!

もちろん営業もします!!!

 

データを取ることの大切さ

f:id:JAB1987:20170830232620j:plain

すべての経験をデータで見てみる

やっと夏の暑さから開放され、寝苦しい季節を乗り切った私です。

とはいえ、こちらは北海道なのでもともとそんなに暑くはないんですが・・・。

 

さて、私はコワーキングスペースをオープンさせてからのデータ(お財布事情、集客人数、広告手法、広告効果、イベント結果、アンケート等)をほとんど保持しています。

 

もちろん写真や動画データも大切なんですが、それよりも私が大切だと思うデータは

 

リサーチ

計画

宣伝

実行

アンケート

結果

反省・改善

 

 

このサイクルの各部分でのデータを大切にしています。

何故かと言うと、

 

「同じ失敗を繰り返したくない」

「極力無駄は省きたい」

「効率的に動きたい」

 

からです。

 

 

それには必然的に「データの蓄積」が必要になります。

 

何をするにも

 

「前回の反省」

 

を考慮しなければ、成長はありません。

 

 

そしてデータがあれば、

 

「〇〇をした時に利用者、客の反応がいい」

「□□をした時の反応や効果はいまいちだ」

 

ということが一目瞭然になります。

 

 

これを基に次回の計画をたてるのが成長するために必要なサイクルだと思っています。

 

反応効果が良かったものに集中して力を注げばいいんです。

 

至極当たり前なんですが、これを常にやるというのは案外大変だったりします。

1回1回の作業自体は多くはないんですが、なかなか地味な作業でやる気が置きないことが多々あります。

 

でもこのデータの蓄積が後々のしごと効率向上のために重要になってくると思います。

 

 

そして、データは多ければ多いほど精度が上がっていくんです。

アンケートなどでも出来る限り多くの回答を集めようとするのはそのためです。

 

 

今回私は地元で開催されるイベントの事前アンケートをとっています。

このアンケート結果を見ただけでも、当日のおおよその人の流れの予測が立てられます。

 

その予測を基に様々な準備をして、当日に望むわけです。

予測通りにことがススメば「利益を得る」可能性が一気に上がります。

 

事業は「利益を得ることが目標」といっても過言ではありません。

そんなわけで、事業を開始する前からの情報やデータ取りは自らの事業の行く末を教えてくれるので、ここを疎かにしてはならないと思います!

戦闘機パイロットまでの人生②

f:id:JAB1987:20170829114916j:plain

私の「中学~高校生」

昨日はちょっとした出張でいい出会いをゲットしてきた私です。こんにちは!

 

 

「戦闘機パイロットまでの人生」の続きをちょっとだけ書きます。

 

小学校を卒業してから、中学に上がった後もバスケ部に入部し、またしてもバスケに没頭する日々を送っていました。

 

パイロットになる人だからって爽やかな部活少年だったわけではありません。w

 

私も少しヤンチャになった時期がありました。当時はダボダボのジーパンに、XLのTシャツ。いかついサングラスにネックレス・・・。

 

今考えたら笑っちゃいますが、そんな格好で喧嘩したり、、、。もちろん「犯罪」になるようなことはやってませんが。w

 

どれだけツッパっていても、おそらく性根はいい子だったんでしょう。

そんな私生活を送っていても、勉強に関しては特に困ることはありませんでした。授業さえきっちり聞いていれば、大抵の問題は回答できるので。

 

中学時代に目指していた高校は地元の高校でした。

一応当時から進学校とは言われていましたが、倍率を見たって大したハードルの高さではありませんでした。何より近い学校に通いたかったので、選択肢はその高校1つ。

 

その高校を目指す同級生は、塾に通ったりしていたので、私も一応夏期講習を受けてみました。

 

しかし、、、

 

塾で学ぶのは自分の理解が足りていないというところだと思っていたんですが、結局学校の授業と大した違いはありませんでした。

 

「わからないところだけ、効率的に教えてよ!」

 

私はずっとそう思っていました。

 

要は

 

「高いお金をかけているにもかかわらず、全くの非効率的」

 

これなら自分でわからないことだけを参考書を読んで勉強したほうがよっぽど効率的!

自分で出来るなら、人に教わる必要がないとホンキで思っていました。

 

ということで、そうそうに夏期講習を辞めました。

 

 

案の定、私の場合自分で勉強したほうが効率も上がり、結果的に特段の努力なく(もちろん受験勉強はある程度やってました)志望校合格。

 

 

実は同じ高校を目指していた同級生が数名いました。

その子達は毎日のように塾に通い、「僕は頑張っています!」的なオーラで勉強に励んでいました。

そして、その子達もその親達も、私のような「不良」が進学校に行けるわけがないと、思っていたようです。

私はそんなにガラが悪かったのか?w

 

とはいえ、実際に合格したのは私の方で、彼らは不合格。

 

「なんで〇〇さんの子が合格できて、うちの子が合格できないの!?」

 

って感じのことを私の親は言われたようですが・・・。

 

 

とはいえ、

 

「自ら学ぶことが出来る能力」

 

が必要なのかもしれないですね!

 

 

 

このように、見た目「不良」でも「いい子ちゃん」でも、パイロットになるには関係ないんですねぇ。

 

中学時代の業務主事のおじさん(蛍光灯を交換したり、草刈りをしてくれるおじさん)との奇跡的な出会いがありました。

 

私はF86Fの絵を書いていったことがあったんですが、何故かそのおじさんが「この絵が欲しい」と言ってきました。

f:id:JAB1987:20170829114802j:plain

そして、その理由が

 

「私は、以前この戦闘機に乗っていたんだよ。」

 

と。

 

 

!!!!!

 

 

まさか、戦闘機乗りが自分の学校にいるなんて!!!!

 

 

そこから、そのおじさんと仲良くなり、色々と戦闘機乗りの話が聞くことができました。

これはとてもレアな体験ですが、私の人生を変えた瞬間だったかもしれません。

 

 

そんな感じで中学卒業。

地元の高校へ進学!

 

余談

小学生のころから実はギターを引いてました。もちろん中学でも継続してやってました。

だから「不良」のイメージがあったのかも・・・。

学生と地域を繋げるコミュニティーとの協業

f:id:JAB1987:20170825153955j:plain

若者に伝えたいコワーキングスペースという存在

今日は久しぶりに太陽が顔を覗かせていることに少しテンションが上っている私です。

 

つい先程、隣町で「若者のたまり場」をつくる活動をしている団体を見つけました。

ちなみにその団体は現在改装中で、クラウドファンディングを利用して資金調達をしていました。

 

その団体を見つけたとき、

 

「この団体と一緒に何かできたらな・・・」

 

と思いました!

 

団体の規模はどうであれ(私のコワーキングスペースのほうが絶対的に小規模)、同じようなマインドを持っている人とのコラボは面白いですよね!

 

 

私はすかさず代表に連絡を取りました。

 

 

「改装中でお忙しい時期かと思いますが、お話きかせて下さい!」

 

 

と。

 

 

すると、すぐに連絡が返ってきて、快く承諾。すぐに日程の調整をして、来週月曜日にその施設を訪れることになりました。

 

 

行動の速さはとても大事ですね!!!w

 

 

 

そこは大学生が多い街で、彼らを地域と繋げるような活動をしているようです。

ということは、私が関わりたい「大学生」と関わることが出来るチャンス!!!

 

もちろん客を奪いたいとかじゃないですよ!w

 

共に何かクリエイティブなことができたらなと思っています。

そして、そこにくる学生たちにもコワーキングスペースという存在をしってもらいたいと思っています。

 

私のコワーキングスペースにはビジネスオーナーが複数います。

 

そして、デザイナーやクリエイターも利用してくれています。

 

メンバーは色んな形で好きなことを仕事にしているんです。

 

 

「そんな生き方もあるんだよ!」

 

 

っていう一つの選択肢を学生に与えられることができれば、もっと楽しくなると思うんです。

 

学生も私自身も。

 

 

そのためにはまず、その団体とのお話が必須!

 

 

来週いってきます!!

 

コワーキングを広めたい

f:id:JAB1987:20170825153824j:plain

田舎特有の空気があります。

 

都会で行われているようなクリエイティブな活動は夢物語、、、。

 

そんな空気。

 

 

でも今の時代、「場所の制限」は限りなく少なくなっているんです。

 

どこにいても、どこの人とでも仕事ができる。

 

 

そんな働き方を提示したいし広めたいと思っています。

 

コワーキングスペースって人が集まれば集まるほど面白いコラボが生まれるし、アイディアも生まれるし、仕事が生まれるんです!

 

 

コミュニティーを大切にしつつ、コワーキングを認知してもらえたら嬉しいなと思いつつ、今回の対談に挑みます!!